行動観察でのアピール

スポンサーリンク

目立つ子になれないまでも

行動観察などで、「みんなで話し合って、1曲、季節の歌をうたいましょう」なんていうお題を言われた時・・・

できる子は、すぐに「みんな! 一曲ずつ言おうよ。君からどうぞ」とすぐに言います。

家で練習しているんだよね~ すごいね~ 目立っていね~★

我が娘は、絶対にそういうタイプではありません・・・

聞いているタイプです・・・

誰かなんか言ってくれないかな・・・と待っているタイプです

だから・・・せめて・・・

あいづちを大きく打ちなさい!

誰かの意見に賛成だと思ったら、小さく手をたたきなさい

といくつかポイントをいいました。

そして、その練習をしました。

本当は、自分の考えを言えることの方がいいんですよ。

でもね・・・考えを持っていても、なかなか言えない子が幼児にはいるのですよ。

娘はどちらかというとおとなしいので、なかなか言えないのです(涙)

だから、言えないくても参加しているのだから、

あいづち

拍手

することを伝えました。一生懸命、話している子に、聞いていることを伝える!それが大切!

リーダーシップ

大きな声を出せる子がリーダーシップがある子なのか?

そうではありませんよね。

リーダーシップがなんたるか?

これは古い本ですが、IQではなくEQと言われ、それが現実化しています。

強いリーダーが必要な時代ではありません。

これからの時代、EQを高め、コミュニケーションスキルを磨き、チームで動いていく時代ですよね。

小学校になった娘は、今でも、一歩引いているタイプに変わりありません。

でも、心は強く育ってます♪