学校のレベルは変化しています

スポンサーリンク

昔の小学校の御三家

私は、こんなことも知らなかったぐらい、小学校受験に無知でした。

「青山学院初等部」「学習院初等科」「慶應義塾幼稚舎」 の3校なんですよね。

大学、もしくは大学院まで、エスカレーター進学ができ、たぶん、内部進学試験を受ければよく、シビアな外部受験を経験することなく、学歴が保証される。

また、エスカレーター進学だからこそ、一貫した方針の下で教育を受けることができる。

また、良家の子息子女の中で培われる長くて深い関係は、社会人になってからも大きな財産。

スポンサーリンク

今の難関小学校

今は、伸芽会だと、サイトで、こんな表示があったり・・・慶應ブランドってすごいんですね~

慶・早・男子難関小 慶應・慶應横浜・早実・立教・暁星など
女子難関小 雙葉・白百合・聖心・東洋英和・豊明・東京女学館など
共学難関小 青山・成蹊・学習院・桐朋学園・桐朋など

ジャックの春の講習の担当校を見てみました。地域密着型。
玉川に担当校があるのに驚きました。通常、難関校の分類には入ってこないですよね~。

お茶の水 暁星小学校・白百合学園小学校
渋谷 聖心・青山・慶應幼稚舎
広尾 慶應義塾幼稚舎・東洋英和
四谷 雙葉・学習院
目白 立教・早稲田・豊明
勝どき 慶應幼稚舎
桜新町 慶應義塾横浜初等部・東京女学館
田園調布 田園調布雙葉・洗足学園・慶應幼稚舎
成城 慶應義塾横浜初等部・成城学園・東京都市大学・桐朋小学校・玉川学園小学部
吉祥寺 成蹊・立教女学院・早稲田
国立 早稲田・桐朋学園
横浜元町 慶應義塾横浜初等部
あざみ野 慶應義塾横浜初等部
浦和 開智小学校 ・ さとえ学園 ・ 玉大学附属 ・ 浦和ルーテル学院

教育方針があう学校を見つけるのは、大変ですね。

昔とは、違っている

小学校受験で、神奈川の洗足。私の時代は、洗足というブランドは、決して難関校ではなかったのですが、今の洗足の小学校は、早稲田や慶應横浜の併願校になったりもしますし、洗足に落ちて、慶應・早稲田に受かるなんて人もいるらしい。そう、実力を見られる学校なのです。
中学受験をする学校ですので、学力の伸びしろがない子どもはNGということなんでしょうね。

中学受験でも従来の御三家ではなく、新御三家というのが出来上がっていますよね。どんどん受験市場は変化しています。情報をキャッチしましょう!

おまけ 三大名門公立小学校

東京の三大名門公立小学校といわれるのは、「青南」・「番町」・「白金」小学校だそうです。

青南は、港区立青南小学校。
番町は、千代田区立番町小学校。
白金は、港区立白金小学校。

番長小学校は特に有名な気がします。弁護士、医師などの両親が多く、私立に落ちても、この番長小学校への入学ができるように、千代田区の番長小学校通学地域に引っ越される方がいると聞きます。

ですが、あのあたり・・・ファミリータイプだとものすごく古いマンションでも50万以上ではないかしら・・・お金持ちしかいないってことですね。