お味噌汁を作ろう

スポンサーリンク

お味噌汁

お味噌汁。私は大好きです。

年中くらいになると、子どもでもお味噌汁なら作れますよ。

↑ これは、悲しいお話ですが・・・(涙)

しかし、この絵本にあるように、母として娘に生活力をつけてあげたいものです。

生活力は、そのまま受験にもつながるものです。

みそ汁 作り方

はじめは、だしの取り方を教えるのは難しいかもしれませんので、具と味噌を入れる部分だけをおしえてあげるのが良いと思います。

ですが、だしは大切な日本人の文化ですので、そういったことも教えてあげると良いと思います。

一度、色々なだしをとって、娘にどれがどのお出汁か飲ませてあげました。

とても新鮮な体験だったようです。そして、それらでお味噌汁を作っていただき、出汁でこんなにも味が異なることも、楽しい体験です。

幼児が使いやすい道具をそろえることも、大切な準備です。
貝印から、こういったものが販売されています。
みそ汁にいれる具を切ったりするのに、こういった道具をそろえてあげると、子どものやる気もアップ!

みそ軽量マドラーも、味を一定にすると共に、子どもに適量を教えてあげやすいです。

味噌

わが家では味噌は、手作りをしています。

食育のためです。

大豆を水で戻したり、煮たりするとすごく大きくなったり、つぶした大豆が色の濃い味噌になるのは、とっても不思議な大実験です。

そして、ものすごくおいしい味噌ができるのです。

今、食べている味噌は、こちらのキットを使って作りました。大豆を水につける時間も必要なので、2日間かけて作ります。

大豆をすりつぶすのも、大変な作業ですが、フードプロセッサーは使わずに手作業で行います。

厚手のビニール袋にいれて、すりこぎ棒でつぶす方法もありますし、経験のためにこういったものを使う方法もあります。

まぁ 娘がやってくれる作業は十分の一くらいで、大変なのは私なんですけどね。