小学校受験、最低でもこの問題集はやろう!

スポンサーリンク

どこの問題集がいいの?

どこの問題集がいいのか? 私、幼児教室の先生にストレートに聞いてみたのです。
答えは・・・

「色々な会社のものにトライしてください」

とのことでした。
明確な答えがいただけず・・・残念。
ちょっと楽したいなぁ~と思ったのですが、こういう逃げ口上は、先生達上手ですね。

小学校受験経験者の意見として

こぐま会

こぐま会は、3歳くらいからはじめるのに、ぴったりだと思います。
できたら、恵比寿の直営店に行って、色々聞いてみると良いと思います。
問題集はもちろんいいのですが、その問題集をサポートするための教材(具体物)がそろっているのが、良いのです。

例えば、こちらのシーソー 価格は2000円超えます

この積み木も、お稽古カードとも連動していて、必須のもの。

我が家は、シーソー、積み木、カラー積み木 などなど、持っていました。ペーパーで考えるのでなく、こういった具体物を使って、学ぶと定着が早いし、応用ができるようになります。

1)まず、3歳ぐらいから、お稽古カードで勉強をはじめる
2)できそうならひとりでとっくんを購入して、スタートする

1)お稽古カード

これ、厚紙なので、切り取るのがすごく大変。腱鞘炎になるかと思いました。
夜なべしましたよ! パパに頼んだほうがいいかも!

 ▼ ひとりでとっくん365日おけいこカード01 基礎1-A

おけいこカードは購入すると、印刷された厚紙が数枚入っているのです。切り取り線に従ってきると、それでお勉強ができます。厚紙が本当に厚くて・・・

でもね・・・これが本当に教えやすいし、わかりやすいのです。
例えば、下の写真。回転テーブル。
これは、最後のほうなので、年長で勉強するレベルかな?
テーブルの上の食べ物が回るという趣向なのですが、これ・・・実際のお試験レベル。
子どもに、テーブルの上の食べ物が回る(観覧車的発想)ことを教えるのに、このおけいこカードがあるだけで、すごく教えやすいし、子どももわかりやすい。

この丸、きれいに切るの大変でした(涙)

2)ひとりでとっくん

▼ ひとりでとっくん01 点図形1

ひとりでとっくん365日というのもあるのですが、ひとりでとっくんのシリーズ100冊を購入する方がよいかもしれません。1~100まで通し番号があります。こちらの問題集。やはり、いい!
両方持っていたうえで、書きます。
100冊するのは、大変だから・・・ひとりでとっくん365日の方だけでよいかな? とはじめ思っていたのですが、結局100冊の方をほぼすべて買うことになりました。というか、全部購入したほが、良いと思います。

やはり、こぐま会は、王道です!
難関校を狙う家庭が、新年長までにこぐま会のひとりでとっくんを終了させる・・・というのもわかります。ちなみに我が家は、全然終わりませんでした・・・。スケジュールミスですね・・・。

今なら、アマゾンで10冊以上、15%割引してますものね! 2019/03/05まで

問題集をアマゾンでお安く買う方法
アマゾンプライムは入ってますか?年会費を払ってもアマゾンプライムは入ってください!会員特典は以下のとおり(抜粋)無料の配送特典Amazonプライム会員は、対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便を無料。特別取扱...

もし、amazonプライム会員でない場合は、会員になってください!
amazonは、、小学校受験では、なくてはならない存在なので、お金払って会員になっても損はないです。以下のリンクから、アマゾンに飛べます。