スケジュール管理

スポンサーリンク

小学校受験のスケジュール管理

小学校受験のスケジュール管理・・・本当に恐ろしいほど大変だった。

・保育園の行事
・幼児教室
・習い事(変更、発表会、振替etc)
・摸試(申し込み、実施、お金の払い込み)
・体験のためのお出かけ(予約・お金の払い込み)
・学校説明会、運動会などの訪問の予定(予約・準備物)
・願書の配布日
・・・・・まぁ色々

初めてだから、段取りをつけるのが、なかなかうまくいかなくて、疲れました。

どうやって管理したのか デジタル? アナログ?

私の会社のスケジュールは、outlook予定表を使用していて、社員間で、共有していることもあり、有給休暇から、会議の予定から、移動の予定、昼休みまでをすべて入力しています。

しかし、会社のネットワークに外部から入ることができないので、プライベートの詳細を入力することはできない・・・。

グーグルのカレンダーを夫婦共有で使うのも考えたのですが、マンスリーで一目で見えないと、結構使いづらいと感じることが多く・・・。スマホ管理はツライのです。

また、小学校受験のさまざまな場で、スマホを見ているのは、印象が非常に悪いのです。

結局・・・娘の小学校受験の2年間をアナログの手帳でのスケジュール管理に戻しました。

購入したアナログ手帳

小さいと書ききれないくらい予定があるので、小さすぎるものは無理。
だけで、そんなに大きくて分厚い手帳は持ちたくない。

そして、幼児教室や小学校の説明会等々で、こういった手帳なら、開いても違和感ない!

現在は、売り切れのようです。今後、ご検討ください。

【Amazon.co.jp限定】 学研ステイフル ツイン手帳 手帳 2019年 A5変形 ウィークリー ブラック AM15015 (2018年 10月始まり)

月間スケジュールと週間スケジュールが上下に独立し、同時に広げて使えるフォーマットの元祖であるツイン手帳は発売13年目を迎えました。月間と週間のスケジュールが見渡しやすく、予定を把握しやすいとリピーター続出の一度使ったら病み付きになる手帳です。

なにがすごいって、手帳の真ん中あたりで上下がわかれているので、月間スケジュールと週間スケジュールが上下に独立していて、めくれるのです。
マンスリーのほうは3月を見ていて、ウィークリーは5月を見るとかが可能。
別々の月が見れちゃうっていうのはアイディアですよね~
でっ Amazon.co.jp 限定版も出ちゃうくらい人気なわけです!
早く買わないと、東急ハンズとかでも売り切れ、アマゾンでも買えない年がありました。

私は、東急ハンズで、高級感のある合皮版を見つけ、そちらは購入しました。
結構ファンがいるようで、10月版を手にいれるなら、早めにいかないと売り切れます。

小学校受験を乗り切った今は

現在は、スマホで管理。グーグルカレンダーを利用しています。

小学校受験の世界=昭和的な世界 だったので、アナログでしたが・・・

普通の世界は、やっぱりデジタルですよね~