オープンハウス サントリーホールで遊ぼう!

スポンサーリンク

サントリーホール無料開放

今年は、2019年4月6日(土)に行われました。

年々、盛大になってきている気がします!

アークヒルズの「さくらまつり」に合わせ、サントリーホールを一日無料開放。演奏やさまざまなイベントを楽しめます。

オープンハウス2019~サントリーホールで遊ぼう!
アークヒルズの「さくらまつり」にあわせた春恒例の無料イベント。こどもからおとなまで、またクラシック初心者から愛好家まで、どなたにもお楽しみいただけるコンサートや参加型プログラムを多数ご用意しています。

今年、行けなかった方は、来年の予定に入れてみてください。

小学生になってからの方が楽しめる感じがしました。

鈴木メソッド

小学校受験の頃、色々な本を手にとりましたが、こちらの本も。

「どの子も育つものであり、それは育て方ひとつにかかっている。だれでも自分を育てることができ、それは正しい努力ひとつにかかっている。」
へたな努力をすれば、へたな才能が育つ。すぐれた才能を示したひとびとは、それだけ正しくよい努力を積み重ねたひとびとである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やり抜こうーそう決心するひとはたくさんいます。だれでも決心することはできる。しかし、ほんとうにやり抜くひとは実に少ない。決心はしたがやらない。やっても、まもなくやめてしまう。それこそ、多くのひとが経験して、よく知っていることです。どんなことでも、成功する道、ことの成否は、結局、やり抜くかどうかだけにかかっているともいえるでしょう。
やり抜くーつまり、その根気もまた、能力であるがゆえに、育てなければならいないものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本書は、音楽の名演奏家を育てるための英才教育にとどまらない普遍的な真理を追究した本とはいえないでしょうか。単に子どもの教育のみならず、大人の自己啓発書としての読み方も可能です。人生が変わるかもしれない。『愛に生きる』。そんな力を秘めた名著中の名著といえるでしょう。

amazon

そして、2016年4月に出版された本を今回みつけました。気になります。

受験は、まさしく日々の努力ができる人、家庭に合格というご褒美があるのだと思います。

音楽を楽しむ

さて、わが家は、小さい頃は、ヤマハ音楽教室に通い、その後、個人レッスンに切り替えました。

練習は2日に1回するかどうか、時間も短い・・・こんな程度では、いつになったら、一人で譜面を読んで弾けるようになるやら・・・。トホホ。

まぁ・・・将来、音楽を楽しいと思える程度に、学んでほしいと考えています。

今、ソルフェージュなども習っていますが・・・なかなか難しいですね。

受験の時期も休んだこともあり、絶対音感は、もう絶望的です(笑)

ですが、学校で習ってきた歌を大きな声で楽しそうに歌うのを聞いていると、音楽を楽しむ感性は育っているのかなぁと嬉しくなります。

りん
りん

楽しいと思う心が大切ですよね。