子ども用Suicaの作り方

スポンサーリンク

Suicaの作り方

みどりの窓口に年齢が確認できるように、保険証などを持っていきましょう。
My Suica(記名式)購入申込書に、氏名(カタカナ)、性別、年齢、生年月日、電話番号(親のでOK)を記入して、窓口に行きます。
デポジット500円とチャージする金額(我が家は1000位入れたかな)、保険証を見せて、数分で作れます。
子どもはいなくてもOKだそうです。

駅員さんに聞いたら、子ども用のSuicaとPasumoを両方作ることはできないそうです・・・。
学校とは方面が異なる習い事用にしたかったのですが・・・残念

定期は学校で証明書をもらってから

Suicaだけ、学校が始まる前に作っておいて・・・学校が始まると、通学定期を購入するための証明書を学校でくれるはずです。その証明書とSuicaを持って、再び窓口にいき、やっと定期券を購入することができます。

チャージ方法

子どものSuicaにチャージした・・・駅に行けば、もちろんできるのですが、タイミングが合わなかったり、子どもにお金を持たせるのも・・・小学1年生にそれをさせるのは不安ですよね。

ご心配無用! 家でチャージできる方法があります。

JR東日本:Suicaインターネットサービス>Suicaインターネットサービスとは>FeliCaポート/パソリについて
Suicaインターネットサービスのご利用に必要な「FeliCaポート/パソリ」をご紹介します。

パソリ(カードリーダー)を接続して、Suicaインターネットサービスに接続して、チャージする方法です。以下はアマゾンで販売されているものです。



通学定期はお得です!

そうそう、ネットで検索したら、こんなのがでてました。割引率すごい。いいなぁ~

  大学生(高専・専門学校)用 : 一般定期(通勤定期)の価格の約30%引
  高校生用          : 大学生(高専・専門学校)用の10%引
  中学生用          : 大学生(高専・専門学校)用の30%引
  小学生用          : 大学生(高専・専門学校)用の50%引

JRさん ありがとうございます