受験テクニック 難しい問題は後回し

スポンサーリンク

分からないものは後回し

お教室のテストで・・・

模擬試験で・・・

そろそろ、あると思います。

5問あって、3問目が一番難しい・・・

その3問目で、うんうんうなって頑張ると、実は簡単な4問目と5問目の点数をとることができない。

わが家は、同図形で、これを経験いたしました。

まぁ 子どもは素直だから、上から順番に問題が並んでいたら、その順番に問題を解いていきますよね。

難しいところで、子供の手は止まります。

でっ 「やめてください」時間切れとなるわけです。

これって・・・勿体ないですよね。

大人だったら、わからないものを飛ばして、先に進めるってことができるのですが、子供は純粋ですからね。順番にやるんですよね・・・でっ時間切れになってしまう。

飛ばしてすればいいんだっ!ということを体験させ、体でわからせることが大切なんです。

お母様がテストを作ってみてください。切り貼りして、コピーし直せばできます!
「わからないものはとばして、わかるものする」

これをやっておくだけで、5点から10点、あがることがあります。