天現寺ウォーズ

スポンサーリンク

天現寺って?

小学校お受験の世界では、天現寺といったら・・・あの有名な、あそこです。

はい! 慶應幼稚舎 なんです。

そんな感じで、学校名をストレートに言わないのが、小学校お受験の世界なんですよね。

天現寺・・・幼稚舎
四谷・・・・雙葉
迎賓館前・・学習院
九段・・・・白百合
三鷹台・・・立教女学院
三光町・・・聖心
鳥居坂・・・東洋英和

などなど地名、最寄駅名で読んだりしますね。

話題のWEB小説

ところで、こちらのWEB小説はご存知ですか? 東京カレンダーのWEB小説で、連載されていたのです。
どうも幼稚舎のお受験戦争のおはなしらしいです!!

天現寺ウォーズ Vol.2

天現寺ウォーズ:受験前に“当確”キッズを把握!?地方出身妻が愕然とした、東京妻との情報格差
元CAの港区新参妻、慶應幼稚舎受験の世界へ!

下のリンクは、天現寺ウォーズ Vol.1 のリンクです。
しかし・・・3/2 8:00現在、なぜか記事がないのです・・・
リンクは貼ったままにしておきます。

天現寺ウォーズ:慶應幼稚舎入学は、この世の“フリーパス”!?元CA妻がゼロから挑む、お受験戦争
女の婚活には続きがあった!ゼロから挑む、慶應幼稚舎

あなたは、知っているだろうか。
東京の勝ち組女である“港区妻”に、実は純然たる階級があることを。
その頂点に君臨するのは、生まれ育った東京で幸せに暮らす、生粋の「東京女」である。
一方で、たった一人で上京し、港区妻の仲間入りを果たした女たちもいる。東京の婚活市場をすんなり勝ちぬいた桜井あかりもその一人だ。
東京女を相手にあかりが挑むのは、婚活の先に待ち受けている港区妻究極の総決算。それは、慶應幼稚舎受験である。
今、あかりの前に、「女の見えない天井」が現れる!

本当の話しかと思っちゃうくらい、リアルなんです・・・

これ読んでしまうと・・・セレブでないと幼稚舎の受験をしてはいけないのだろうか・・・と思ってしまいます。

幼稚舎の授業料は高い!

人気の幼稚舎、毎年どれくらいお金がかかるか・・・ネットで以下のようにでていました。
授業料だけで94万円。高いですね~。

授業料・・・・940,000円
施設設備費・・130,000円
教材費・・・・16,480円
文化費・・・・20,000円
給食費・・・・95,000円
クラス費・・・36,000円
教育振興資金(寄附金) ・・・1口3万円(できるかぎり2口以上)
慶応義塾債(学校債)・・・・ 1口10万円(できるかぎり3口以上)

この他にも、定期代、習い事などを考えると、ものすごい金額がかかることがわかりますよね。

一四〇年にわたって受け継がれる「理想の一貫教育」とは何か?福澤諭吉の「独立自尊」という教えを柱に、数多くの人材を輩出してきた名門校、慶應幼稚舎。だが、その教育のあり方は、いまだにベールに包まれたままだ。圧倒的な人気と実績を誇る慶應幼稚舎の実像に、各界で活躍するOB・OG、元教員へのインタビューを通じて迫る!

学校見学いたしましたが・・・わが子をこの校舎で、この環境で学ばせたい!と思う魅力的な学校でした。