父親の役割

スポンサーリンク

小学校受験においての父の役割

小学校受験の世界を知るまで、父親は蚊帳の外と思っていました。

ですが、小学校受験の世界に身を置くうちに、そうではないことがわかってきました。

信頼関係

私が、娘の小学校受験をとおして感じたことは、 家族の信頼関係 です。

父親が、医者だ、弁護士だ、会社経営だ、有名な会社に勤めているといったことではありません。

では、どうやったら、子どもと信頼関係を築いていけるのか?

親としてのまなざし

赤ちゃんは、生まれた時は動くことができません。でも少しすると、体が動くようになり、ハイハイできるようになり、歩けるようになり・・・親のそばから離れたところに興味がいくようになります。

少しずつ距離を伸ばしていきます。

子どもは、新しい世界に触れようとする時、振り返って、親を見ます。

にこっと笑うと、安心して、新しい世界に入っていきます。

そして、いつの日か成長して、私たち親の元から巣立っていくのです。

私は、佐々木正美先生の本を読み、そのことを学んでいます。

有名なのは 「子どもへのまなざし」  こちらの本です。

この本も 「子どもの心の育てかた」 とても良い本です。

そして、私は自分自身を振り返るために読んだ、この本も記憶にのこっているので、ご紹介したいと思います。 あなたは人生に感謝ができますか? エリクソンの心理学に教えられた「幸せな生き方の道すじ」   

遊んでいますか?

信頼関係を育てるには、「遊ぶ」ということだと思います。

子どもは遊ぶことで、学んで成長していくと、私は思っています。

30分、15分でいいから、毎日、遊んでください。

子どもの笑顔を作り出すことを考えてみてください。

ママの笑顔も

虐待事件をニュースで見るたびにつらくなります。

小学校受験・・・プレッシャーになりすぎると、ママもヒステリックになり、子どもに虐待してしまうかもしれません。

虐待は、暴力だけでなく、心理的虐待もあります。

冷たい言葉、冷たい視線

そう! それも虐待なのです!

ママの笑顔が消えないようにすることも、パパの役割だと思います。

パパはこの際、3枚目になって、家族を明るくしてください!