小学校受験での雑巾のポイント 絞り方

スポンサーリンク

今さら聞けない、正しい雑巾のしぼり方

会社でも、たまにあるんですよね~

おふきんの絞り方が・・・間違っている方

「新入社員! 絞り方がなっとらん!」

なんて・・・私、絶対に言いません。

絶対に注意なんてしません。

そんな事いったら、お局扱いされてしまいますから(笑)

結局、常識的なことって、大人になると注意してもらえなくなります。

躾って、親が子どもにしてあげることのできる最大の贈り物だと思います。

雑巾のサイズ

子ども用の、幼児用の雑巾は、小さいものを使っていますか?

なかなか販売されていませんよね(困)

お母さまが、子どもの手に合わせて作るのが一番良いと思うのですが・・・なかなか大変ですよね(汗)

年中さんくらいでも、扱えそうな雑巾を見つけました。

これで、練習を重ねていけば、上手になるでしょう。

ちなみにこちらは15cm×20cm

スポンサーリンク

何が正しいの?

私が正しいのか? 間違っているのか?

ただ、私はそうしているということだけお伝えしたいと思います。

【A:縦しぼり】【B:横しぼり】 【C:握りしぼり】

正解はどれでしょう?

りん
りん

正解は 【A:縦しぼり】

何それっ 言葉じゃわからないわ!

という方のために、ネットで検索しました

雑巾の絞り方の正解は?縦絞り・横絞り…一番よく絞れるのはコレ!
雑巾の絞り方は正しいですか?自分の雑巾の絞り方が当たり前だと思ったら大間違い!およそ6割の方が間違った絞り方をしています。正しい雑巾の絞り方をマスターして、大掃除にそなえましょう。タオルやふきんの絞り方も同じです。

正しい絞り方をされているお子様を見ると、お母さまの知性・品性を感じます。

雑巾だけでなくお手伝い

小学校受験は、平成でなく、昭和な世界だと思います。

この本はイラストが多用されていて、子どもでもわかりやすい本です。

小学校受験に関わらず、幼児のうちに、経験しておきたいことが、一通り紹介されています。

りん
りん

お手伝いは家族のコミュニケーションです!